顔のたるみ改善のためのフェイシャルテーピング美容法

スポーツの世界では、選手が足などにテーピングをすることがありますが、最近では、たるみ改善のために使うフェイシャルテーピング美容法として、顔用のものも販売されています。
テープで顔のたるみをとるというと、たるんだ肌を寄せて、テープで留めているだけだなどと否定的な意見は多いのですが、正しい方法でやれば相応の効果が得られます。
基本的に、テープで顔のたるみをとるのは、睡眠中に行うケア方法です。
眠っている間に、たるみ基調にあった表情筋が鍛えられ、フェイスラインが矯正されます。
「本来の」位置に戻った肌は、毎日続けることで固定化されるという寸法です。

フィエシャルテープによる効果

考えてみると、地上では常に重力の負荷があるので、肌が下へ引っ張られてたるむのは、自然の摂理だと言えます。
テープで顔のたるみをとる際は、顔の表情筋がストレッチされた状態になります。顔の表情筋と皮膚はつながっているので、肌が休息を取れる格好になり、ハリが蘇ってくるのです。

 

また、フィエシャルテープによる矯正で、たるんだ肌や表情筋がシャンとしてくると、血行も良くなります。
新陳代謝が促進され、リンパの流れが良くなるなど、たるみの改善以外にも、数々のアンチエイジング効果が見込めます。

本式のテープは極薄タイプ

同窓会など、緊急時であれば、たるんだ皮膚を寄せて医療用のテープでとめ、厚化粧や髪で隠すということもあるでしょう。
ですが、根本的にテープで顔のたるみをとるには、ゆで卵の薄皮よりも薄い、本式の極薄のテープを使います。
ちなみに、顔にはツボが多くあります。
テープで顔のたるみをとると同時にツボも刺激され、肩こりや頭痛にも効くという、相乗効果までもが期待されるのです。

たるみやシワを効果的にトリートメントするスキンケア

顔のたるみやしわ対策として「保湿」は欠かせないポイントですが、弱ってしまった肌表層の「バリア層のサポート」もあわせて行う必要があります。

「え、バリア層?」

最近、よく耳にするのではないでしょうか。実は、このバリア層の破壊もたるみやシワの原因になっているのです。

そこで
 たるみやシワを効果的にトリートメントする方法

関連ページ

ローラー
顔のたるみをとるためにローラーでコロコロする方法は昔から人気のやりかたです。
美顔器
顔のたるみをとる美顔器として手軽なのがローラーですが、他にも電気を使うもの、超音波を使うものなど、いろいろ進化した製品もあります。
顔のたるみ解消グッズ
顔のたるみ解消グッズにはいろいろな種類があります。美顔ローラーは有名ですが、他にもマウスピースやコルセットなどです。