マウスピースタイプの顔のたるみ解消グッズ

頬がたるむ、あごがダブダブ等々、顔のパーツが下降していくのは、老化現象だとあきらめるのは早すぎます。
顔のたるみ解消グッズを活用して、改善させることは、決して不可能ではないのです。
顔のたるみ解消グッズで、比較的ポピュラーなものに、マウスピースタイプがあります。
マウスピースを口にくわえ、スーハースーハーと息をしながら、口の周りの表情筋を鍛えるというものです。
ほうれい線などの改善に、手のひらサイズで持ち運びも容易なことから、実践者数は多いと推測されます。

目尻のたるみに使えるグッズ

マウスピースの他にも、顔のたるみ解消グッズとしては、目尻のたるみに使えるタイプもあります。
器具をまぶたに当てながら、目をパチパチさせて、目の周りの眼輪筋を鍛え、すっきりした目元を目指すものです。
注意点としては、こうした顔の筋トレは、やりすぎないのが基本で、1日3分とか5分とか、説明書などに提示された目安時間は守るのが賢明です。
ふだん使わない筋肉を酷使して、筋肉疲労を起こしては、逆効果になるだけです。

コルセットタイプのたるみ対策グッズ

顔のたるみ解消グッズには、小顔マスクもしくはコルセットタイプのものも、人気が高いようです。
ベルト状、プロテクター状などの形態で、顔に装着して、リフトアップ効果を期すというものです。
マスクは、締め付け強度が調節できるものが良いでしょう。
初めは短時間でやめ、だんだん装着時間を長くしていくのが適当です。
それでも、装着しっ放しは避けるのがベターで、器具をつけたまま寝るのはNGです。
さらには、顔のたるみ解消グッズは、美顔器が楽といえば楽です。
ただ、材質的に金属アレルギーがある人には不向きなど、多少の制約があるのがデメリットといえます。

たるみやシワを効果的にトリートメントするスキンケア

顔のたるみやしわ対策として「保湿」は欠かせないポイントですが、弱ってしまった肌表層の「バリア層のサポート」もあわせて行う必要があります。

「え、バリア層?」

最近、よく耳にするのではないでしょうか。実は、このバリア層の破壊もたるみやシワの原因になっているのです。

そこで
 たるみやシワを効果的にトリートメントする方法

関連ページ

テープ
テープで顔のたるみをとるのはフェイシャルテーピング美容法として知られています。
ローラー
顔のたるみをとるためにローラーでコロコロする方法は昔から人気のやりかたです。
美顔器
顔のたるみをとる美顔器として手軽なのがローラーですが、他にも電気を使うもの、超音波を使うものなど、いろいろ進化した製品もあります。