頭皮が1ミリたるむと顔が1センチたるむ?

顔がたるんでくると、とかく頬や口の周りに注意が向きがちです。
顔へのケアで効果が見られないという場合、頭皮のたるみと顔のたるみに注意を向けると良いことがあります。
頭皮も、顔や手と同じ皮膚の仲間です。
年を取れば、筋肉量が減少すれば肌のハリも失われていきます。
頭皮と顔はつながっているので、頭皮のたるみと顔のたるみはリンクしていると言えます。
ということで、某有名化粧品メーカーの雑誌にも、こんなことが書いてありました。

 

「頭皮が1mmたるめば、顔は1cmたるむ」

 

頭皮も顔の皮膚もつながった一枚ものですので、頭皮がたるむことで顔の皮膚もどんどん下がり、たるみにつながるということです。

 

頭皮を痛めつけるようなシャンプーはNG

頭皮のたるみと顔のたるみは、連動しているので、たるみの予防・改善には、顔と同時に頭皮のケアも併せて行うのが効果的です。
基本が適切な洗髪で、毛穴の汚れが取れれば、広がった毛穴が引き締められ、たるんだ頭皮も引き締められます。
専用のシャンプーがありますが、洗髪の際に爪を立てて頭皮を傷付けるのはNGです。

頭皮マッサージは顔のたるみに効果的?

頭皮マッサージは、頭皮のたるみと顔のたるみの双方に効きます。
指の腹を使い下から上へ、髪の生え際から頭頂に向かい、もみ上げていくのが基本です。
マッサージ効果で、血行が促進され、リンパの流れも向上し、むくみの解消にもつながります。
頭皮を指でもんでみて、かたいなと思ったらマッサージの必要性が大です。
たるみ解消に加え、ストレス解消などのメリットがあります。
特に、入浴中や風呂上りに、マッサージをすると効果がいっそう上がります。

頭髪やリラックスにも…

ちなみに、薄毛男性の頭皮は血行が悪く、かたくなっていることが多いものです。
頭皮のたるみと顔のたるみのマッサージは、発毛促進にも有益とのことです。
さらに、左右の耳を結んだ線と、頭頂が交わるところには、百会(ひゃくえ)というツボがあります。洗髪やマッサージの際、このツボを刺激するようにすれば、リラックス効果も期待できます。

たるみやシワを効果的にトリートメントするスキンケア

顔のたるみやしわ対策として「保湿」は欠かせないポイントですが、弱ってしまった肌表層の「バリア層のサポート」もあわせて行う必要があります。

「え、バリア層?」

最近、よく耳にするのではないでしょうか。実は、このバリア層の破壊もたるみやシワの原因になっているのです。

そこで
 たるみやシワを効果的にトリートメントする方法

関連ページ

加齢
顔のたるみの原因として加齢があります。
紫外線
紫外線はシミやシワだけでなく顔のたるみの原因になることがあります。
肥満
肥満が原因の顔のたるみもあります。
筋肉の衰え
顔のたるみの原因として顔周辺の筋肉の衰えが挙げられます。加齢やそれにともなう生活習慣なども関係しています。