肥満と顔のたるみの関係

肥満と顔のたるみは、何となくリンクしていると思われている観はあります。
小顔なのに、体がデップリしているという人は、ちょっと想像がつきません。
食べ過ぎに運動不足などが原因で、余分な脂肪が蓄積するのが、肥満の基本メカニズムです。
脂肪がたまると、重力で下向きの力がかかるようになり、肌がたるんでしまいます。
余剰の脂肪は、お腹周りだけでなく顔にも当然たまるので、肥満と顔のたるみは、密接に関連しあっていると言えます。

短期間でのダイエットには注意

この手のタイプのたるみには、ダイエットがもっとも効果的ということになるでしょうが、そこに落とし穴があります。
無理して急にやせると、肌が急激な変化についていけなくなり、たるみはひどくなる一方になるのです。

 

確かに、肥満と顔のたるみの解消には、ダイエットが一番なのですが、一気にやせようとはしないで、少しずつ体重を落とすのが無難です。

皮膚の材料となる栄養は必要

肌を徐々に変化に慣らしていくと同時に、コラーゲンやヒアルロン酸などの肌のハリ・潤い成分を、食事やサプリで補うのも効果的です。
肥満と顔のたるみは、相関関係にあるとはいうものの、顔の部分は、なかなかやせないというのは多くが体験済みです。
太る時、あごや首周りにはすぐにくるのに、何とも皮肉な話です。
肥満と顔のたるみ対策は、ダイエットとハリ成分の補給が基本ですが、それともう一つ、顔のマッサージを併用するとより効果的です。
ただし、顔を強くこすり過ぎて、肌を無理に引っ張るのは、たるみをひどくさせるだけなのでNGです。
手にあまり力を入れないようにすることと、マッサージクリームを肌に塗ってからマッサージをすると、肌への刺激がやわらげられるのでオススメです。

たるみやシワを効果的にトリートメントするスキンケア

顔のたるみやしわ対策として「保湿」は欠かせないポイントですが、弱ってしまった肌表層の「バリア層のサポート」もあわせて行う必要があります。

「え、バリア層?」

最近、よく耳にするのではないでしょうか。実は、このバリア層の破壊もたるみやシワの原因になっているのです。

そこで
 たるみやシワを効果的にトリートメントする方法

関連ページ

加齢
顔のたるみの原因として加齢があります。
紫外線
紫外線はシミやシワだけでなく顔のたるみの原因になることがあります。
頭皮のたるみ
頭皮が1ミリたるむと顔が1センチたるむ?
筋肉の衰え
顔のたるみの原因として顔周辺の筋肉の衰えが挙げられます。加齢やそれにともなう生活習慣なども関係しています。