顔のたるみは筋肉の衰え?

目尻が下がってきた、口がへの字に見える、あごのラインがすっきりしない………それらはどれも、顔のたるみのサインです。
がいして40代以降になると、多くの人が鏡を見ながら唸っていることでしょう。
顔のたるみの主な原因は、ひとつは紫外線A波が挙げられます。
肌深部の真皮層は、紫外線の影響で弾力が失われていき、皮膚が重力に対して抵抗できなくなり、だんだんと垂れ下がっていってしまうのです。
そしてもうひとつの主たる原因は、顔の筋肉の衰えです。
これは、加齢とともに表情に豊かさがなくなる、笑顔が少なくなる、噛む動作が少なくなるなど、いろいろな習慣も関係してきます。
いちど弾力が失われた組織を、元に戻すのは簡単ではありませんが、口元や頬の筋肉を鍛えることで、顔のたるみ防止・改善に努めることは可能です。

顔のたるみを防ぐ効果的な筋肉運動は?

その際、非常に有効な方法は、「かむ」運動です。
かむ運動で、顔のたるみに対し、効果を上げるには、食事はよくかんで、が基本です。
さらに、1日20分くらい、ガムをかんで、口元や頬の筋力を鍛えるのもオススメです。
ただしその際、片方の歯だけでかんでいると、筋肉のつき方が左右対称とならずアンバランスになるので、注意が必要です。
例えば、右の奥歯で5分かんだら、左の奥歯で5分かむなど、両方の奥歯を使ってかむと、筋肉を均等に使えるようになり、うまくトレーニングができるでしょう。
他にも、口を大きく開けたりすぼめたりする運動、頬を引き上げる笑顔体操、舌を突き出す運動など、いろいろな筋肉トレーニングがあります。

筋肉トレーニング以外のケアも

筋肉トレーニング以外では、保湿ケアも重要なポイントです。
スキンケアは保湿に重点を置き、乾燥を防ぐのが、たるみ防止にもつながります。
日中でも感想が気になったときは、乳液やクリームを塗ると良いでしょう。
また、顔のたるみの進行を防ぐには、紫外線対策をしっかり行うことも大切です。
毎日のスキンケアの最後には、必ず日焼け止めを塗るようにするのです。
栄養的に、食事やサプリメントでコラーゲンやヒアルロン酸などの摂取も、肌力を上げてくれます。

たるみやシワを効果的にトリートメントするスキンケア

顔のたるみやしわ対策として「保湿」は欠かせないポイントですが、弱ってしまった肌表層の「バリア層のサポート」もあわせて行う必要があります。

「え、バリア層?」

最近、よく耳にするのではないでしょうか。実は、このバリア層の破壊もたるみやシワの原因になっているのです。

そこで
 たるみやシワを効果的にトリートメントする方法

関連ページ

加齢
顔のたるみの原因として加齢があります。
紫外線
紫外線はシミやシワだけでなく顔のたるみの原因になることがあります。
頭皮のたるみ
頭皮が1ミリたるむと顔が1センチたるむ?
肥満
肥満が原因の顔のたるみもあります。