顔のたるみをなくす食品はやっぱりコラーゲン?

若いころは、ご自慢の逆三角形の顔も、加齢でフェイスラインが加工してゆき、四角っぽい老け顔になるのが定め。
顔のたるみをなくす食品、というのは存在しないのでしょうか。
基本的に、たんぱく質は、お肌をはじめ体を構成する重要な成分です。
不足すると、健康悪化、お肌の状態も悪化し、乾燥で潤いが失われます。
顔のたるみをなくす食品の基本は、バランス献立にあるといっていいくらいです。
顔も含め、お肌のハリを保つ主要な成分は、コラーゲンです。
顔のたるみをなくす食品なのであり、カレイ、エビ、フカヒレ、鶏手羽、豚足、牛すじなど、コラーゲン豊富な、動物性の食品に求められます。
効果的にとるには、魚の皮や鶏の手羽など、骨や皮を重点的にとると良いでしょう。
また、骨付き肉を煮込んで、冷めると煮汁がゼリー状になるのですが、それはコラーゲンがしみ出したものです。これも、顔のたるみをなくす食品として、煮汁ごと食すのがおすすめです。

コラーゲン以外にも摂っておきたい栄養と食品

そのコラーゲンは、ビタミンCといっしょにとったほうが、体内でのコラーゲン生成が促されます。
ビタミンCは、皮膚の抵抗力を高める働きもあり、お肌のハリを保つにも有効な成分です。
ピーマン、柿、キウイなどにはビタミンCが豊富に含まれているので、顔のたるみをなくす食品の資格十分です。
ビタミンAも重要な成分で、モロヘイヤ、ウナギ、レバーなどに豊富に含まれます。
皮脂腺や汗腺の働きを高め、お肌に潤いを与えてくれます。
ビタミンEは、血行を良くし、お肌のすみずみに栄養を補給し、潤いをもたらしてくれます。
アーモンド、かぼちゃ、キングサーモンなどに豊富な成分です。

たるみやシワを効果的にトリートメントするスキンケア

顔のたるみやしわ対策として「保湿」は欠かせないポイントですが、弱ってしまった肌表層の「バリア層のサポート」もあわせて行う必要があります。

「え、バリア層?」

最近、よく耳にするのではないでしょうか。実は、このバリア層の破壊もたるみやシワの原因になっているのです。

そこで
 たるみやシワを効果的にトリートメントする方法

関連ページ

エクササイズで取る
顔のたるみの予防・改善には、エクササイズを継続することが効果的です。中でも定番となっているのが、「あいうえお体操」です。
マッサージ
顔のたるみをとるマッサージはやり方に要注意。
たるみケアの化粧品
顔の肌のたるみ対策におすすめの化粧水やクリームに求められる条件とは?
顔のたるみを「針」で改善する
針(鍼)治療といえば、五十肩や腰痛に使われるというイメージが強いものですが、最近では、顔のたるみなど美容目的も、とくに女性に人気のようです。
顔のたるみを改善するツボ
顔のたるみには、昔ながらのツボ押しするのは効果的です。たとえば寝る前に行うと翌朝、改善効果が実感できるかもしれません。
顔のたるみをリンパマッサージで解消?
最近ではリンパドレナージュ理論を取り入れたリンパマッサージも一般化しつつあり顔のたるみの解消に効果アリとの口コミも多くあります。
顔のたるみ改善に役立つサプリ
顔のたるみ改善に食習慣や栄養も大切。もし日頃の食生活で不足しがちならばサプリで補う手もあります。