顔のたるみを解消させるリンパマッサージ

日本には、あんまという伝統的なマッサージ療法がありますが、最近では西洋式のリンパドレナージュ、いわゆるリンパマッサージも一般化しつつあります。
顔のたるみの解消に効果アリとの口コミは多く、メジャーなマッサージ方法として定着した感があります。
リンパ液は、余分な水分や老廃物を回収し浄化しながら、リンパ節を通って全身をめぐり、最終的に静脈へ流れていきます。
血液と違い、筋肉が収縮する刺激で流れるので、筋肉が衰えている人、すなわち顔のたるみが目立つ人は、流れがそれだけ悪くなっているといえます。
リンパは、ほぼ静脈に沿って流れています。
そこで理論的には、それに従って皮膚に触れて刺激することで、流れの滞りが解消され、ひいては顔のたるみの解消にもつながります。

セルフマッサージでもできるリンパドレナージュ

顔のたるみ解消のマッサージは、簡易的にセルフでできます。
マッサージを行うにあたり、事前にマッサージクリームを塗っておくと、お肌へのこする刺激が和らぐのでおすすめです。
準備が整ったら、耳の1コ分後ろあたりの、首の上から下へ1.5秒かけて、親指の腹で強めにおろしていき、流れを呼び込む通路を作ります。これを左右10回ずつ行います。
次に、親指の腹であご先から耳下腺へフェイスラインに沿って左右5?10回、リンパを流すイメージでマッサージします。顔のたるみ解消にはさらに、口角から耳へ、小鼻の横から耳へと、それぞれ親指の腹を使って左右3回ずつマッサージ。皮膚が薄い目の周りは中指の腹で、目の下、眉の上、こめかみをポイントで4つ数えながら刺激します。
仕上げに、鎖骨の上側を、人差し指・中指・薬指の腹で3つ数えながらメリこませるように刺激。左右とも10回ずつで1セットです。

たるみやシワを効果的にトリートメントするスキンケア

顔のたるみやしわ対策として「保湿」は欠かせないポイントですが、弱ってしまった肌表層の「バリア層のサポート」もあわせて行う必要があります。

「え、バリア層?」

最近、よく耳にするのではないでしょうか。実は、このバリア層の破壊もたるみやシワの原因になっているのです。

そこで
 たるみやシワを効果的にトリートメントする方法

関連ページ

エクササイズで取る
顔のたるみの予防・改善には、エクササイズを継続することが効果的です。中でも定番となっているのが、「あいうえお体操」です。
マッサージ
顔のたるみをとるマッサージはやり方に要注意。
たるみケアの化粧品
顔の肌のたるみ対策におすすめの化粧水やクリームに求められる条件とは?
顔のたるみを「針」で改善する
針(鍼)治療といえば、五十肩や腰痛に使われるというイメージが強いものですが、最近では、顔のたるみなど美容目的も、とくに女性に人気のようです。
顔のたるみを改善するツボ
顔のたるみには、昔ながらのツボ押しするのは効果的です。たとえば寝る前に行うと翌朝、改善効果が実感できるかもしれません。
顔のたるみをなくす食品
顔のたるみをなくす食品としては、やはりコラーゲンといったタンパク質が重要視されますが、他にも必要な栄養成分があります。
顔のたるみ改善に役立つサプリ
顔のたるみ改善に食習慣や栄養も大切。もし日頃の食生活で不足しがちならばサプリで補う手もあります。