顔のたるみをとるマッサージのポイント

マッサージで顔のたるみをとるというと、たるみをひどくするから止めた方が良いという意見が多いのは、実に驚くべきことです。
もっともらしいことが書き連ねてあるブログは数多いのですが、何か誤解していると思しきサイトが多いように見受けられます。
マッサージで顔のたるみをとるというのは、顔の表情筋を鍛えるとともに、血行を良くし新陳代謝を高めることが主眼です。
この時は、マッサージをする力加減が、最重要ポイントとなります。
マッサージで顔のたるみをとるには、優しく肌をなでるくらいの力加減が適当です。
肌が強く引っ張られるほどゴシゴシこするのは、たるみを悪化させる原因になり逆効果です。

初心者でも失敗しない顔面マッサージ

初心者は、薬指を使ってマッサージするのがオススメです。
変に力が入り過ぎず、マッサージで顔のたるみをとるのに、ベストな力加減が得られます。
またマッサージは、指を移動させる方向も重要ポイント。
基本は、顔の下から上へ、および内側から外側へ指を移動させることです。
ただもんでいるだけでは肌をデタラメに引っ張っているだけに過ぎず、マッサージで顔のたるみをとる効果は、とても期待できるものではありません。

クリームなどを使い指をやさしく滑らす

基本に従って、あごから耳の下へ、口角から耳の中心へ、小鼻からこめかみへが、マッサージで顔のたるみをとるのに効いてきます。
薬指の腹で小さく円を描きながら、らせん状にもみ上げていくのがコツです。
マッサージの際、マッサージクリームを使うと、指の滑りが良くなります。
日常でも、洗顔、メイク、クレンジングの時など、マッサージの要領を考慮しながら行うようにすると、肌が引き締まり、たるみ改善に弾みがつくことでしょう。

たるみやシワを効果的にトリートメントするスキンケア

顔のたるみやしわ対策として「保湿」は欠かせないポイントですが、弱ってしまった肌表層の「バリア層のサポート」もあわせて行う必要があります。

「え、バリア層?」

最近、よく耳にするのではないでしょうか。実は、このバリア層の破壊もたるみやシワの原因になっているのです。

そこで
 たるみやシワを効果的にトリートメントする方法

関連ページ

エクササイズで取る
顔のたるみの予防・改善には、エクササイズを継続することが効果的です。中でも定番となっているのが、「あいうえお体操」です。
たるみケアの化粧品
顔の肌のたるみ対策におすすめの化粧水やクリームに求められる条件とは?
顔のたるみを「針」で改善する
針(鍼)治療といえば、五十肩や腰痛に使われるというイメージが強いものですが、最近では、顔のたるみなど美容目的も、とくに女性に人気のようです。
顔のたるみを改善するツボ
顔のたるみには、昔ながらのツボ押しするのは効果的です。たとえば寝る前に行うと翌朝、改善効果が実感できるかもしれません。
顔のたるみをリンパマッサージで解消?
最近ではリンパドレナージュ理論を取り入れたリンパマッサージも一般化しつつあり顔のたるみの解消に効果アリとの口コミも多くあります。
顔のたるみをなくす食品
顔のたるみをなくす食品としては、やはりコラーゲンといったタンパク質が重要視されますが、他にも必要な栄養成分があります。
顔のたるみ改善に役立つサプリ
顔のたるみ改善に食習慣や栄養も大切。もし日頃の食生活で不足しがちならばサプリで補う手もあります。