たるみと毛穴の関係

皮膚の性質を考えると、毛穴の目立ちは、お顔のたるみに先行することが多いといえます。
エイジングの進行に待ったをかけるには、化粧品、とくに美容液はカギとなるアイテムとなります。
毛穴は、古くなった皮脂などの汚れが詰まることでプクッと膨らんで目立つようになりますが、たるみにつながるようなケースでは、エイジングの影響で、お肌のハリや弾力が失われていくのが原因になります。
後者の場合、毛穴が縦方向に長い楕円形になっていることが多く、そのなれの果てが、頬や目元のたるみとなるわけです。

たるみと毛穴ケアにはどんな美容液?

根源的には、お肌につけるサプリメントたる美容液が心強い味方になってくれます。
美容液に求められるのは、加齢によって失われたハリや弾力を取り戻し、たるみを解消させることです。
美肌成分として、ヒアルロン酸やコラーゲンなどのよく知られた成分を始めとして、ヒト型ナノセラミドなどの高品位の成分が配合されるようになり、美容液を使っての肌ケアの質も向上しています。
最近のトレンドとしては、自然派志向でパラベンや香料など無添加の商品がメジャーになりつつあることで、毛穴ケアと低刺激が両立させ得ることも好ましい傾向です。

美容液の「使い方」もポイント

エイジングケアの一環としての美容液は、使い方も重要なポイントで、たるみにバンバン叩くようにつけるのは逆効果になりNGです。
美容液は手のひらに適量とり、顔全体に優しくのばしてから、指の腹でクルクルすべらせ、お肌になじませるのがコツです。

 

指がすべらなくなったら、美肌成分が肌深部まで浸透したサインです。
毛穴がとくに目立つ部分は、美容液を重ね付けをし、仕上げに手で顔を包み、優しく押さえることも忘れずにします。

たるみやシワを効果的にトリートメントするスキンケア

顔のたるみやしわ対策として「保湿」は欠かせないポイントですが、弱ってしまった肌表層の「バリア層のサポート」もあわせて行う必要があります。

「え、バリア層?」

最近、よく耳にするのではないでしょうか。実は、このバリア層の破壊もたるみやシワの原因になっているのです。

そこで
 たるみやシワを効果的にトリートメントする方法

関連ページ

顔のたるみをケアする化粧品の条件
顔のたるみ改善には、化粧品はつけて隠すというより、時間をかけて肌力を上げるエイジングケアで、お肌のハリや潤いを取り戻すものと捉えるのが現実的です。
頬のたるみに使いたい化粧品
化粧品の力を借りてのエイジングケアで、足りなくなった成分を補うことは肌ケアの基本で、頬のたるみ解消につながります。
たるみに効く美容液
頬や目元の皮膚がたるんできたとき、たるみに効く美容液はとくに決め手となります。
目の下のたるみのメイク
目の下のたるみカバーのメイクの3つのポイントは、保湿による潤いケア、ぼかすこと、目立たなくさせることの3点です。