目の下のたるみのメイクには3つのポイントがある

目の下のたるみは、メイクでカバーするのが難しいと感じている人は多いようです。
ありがちなのが、お顔の一部だけ厚化粧っぽくなってしまうことですが、それでは逆効果になって、せっかくの努力も、不自然さを際立たせるだけのことです。
目の下のたるみカバーのメイクの基本は、3つに絞られます。
すなわち、保湿による潤いケア、ぼかすこと、目立たなくさせることの3点です。

 

目の下のたるみは、お肌の乾燥が大きな原因になってできたものなので、まず基本となるのは目の下の保湿ケアです。
乾燥した部分に潤いを与えるには、アイクリームが活躍します。
アイクリームには、セラミドなどの保湿成分が入っていると、メイクにはなお効果的です。

目の下のたるみに効果的なメイクアップ

目の下のたるみは、ファンデーションである程度カバーできますが、メイクの際、厚塗りは化粧くずれの原因にもなりNGです。
適量をブラシを使ってつけると自然な感じに仕上がります。
清潔なスポンジの角を使って、余分な油分を吸い取ることも大切なプロセスです。

 

さらに、Tゾーンなどにハイライトを入れることも、メイクの効果を上げます。
ファンデより明るめの色を選ぶと上手くいくでしょう。

 

目の下のたるみを目立たなくさせるには、コンシーラーが有益なアイテムですが、硬めだとお肌にのりにくいので要注意です。
目の下に逆三角形の形に入れるのが王道で、ファンデより明るめの色が、多くの場合フィットします。
また、メイクでアイラインを入れることも、目の下のたるみを目立たなくさせるのに効果的です。
ただし、目がつり上がるように入れると不自然な感じになります。アイラインは顔に対し、水平に入れるのと無難に仕上がります。

たるみやシワを効果的にトリートメントするスキンケア

顔のたるみやしわ対策として「保湿」は欠かせないポイントですが、弱ってしまった肌表層の「バリア層のサポート」もあわせて行う必要があります。

「え、バリア層?」

最近、よく耳にするのではないでしょうか。実は、このバリア層の破壊もたるみやシワの原因になっているのです。

そこで
 たるみやシワを効果的にトリートメントする方法

関連ページ

顔のたるみをケアする化粧品の条件
顔のたるみ改善には、化粧品はつけて隠すというより、時間をかけて肌力を上げるエイジングケアで、お肌のハリや潤いを取り戻すものと捉えるのが現実的です。
頬のたるみに使いたい化粧品
化粧品の力を借りてのエイジングケアで、足りなくなった成分を補うことは肌ケアの基本で、頬のたるみ解消につながります。
たるみに効く美容液
頬や目元の皮膚がたるんできたとき、たるみに効く美容液はとくに決め手となります。
たるみと毛穴ケアにはどんな美容液?
加齢などにより毛穴が縦方向に長い楕円形にのびてしまうことがあり、その結果が、頬や目元のたるみとなるわけです。ではそんなたるみと毛穴ケアにはどんな美容液がよいのでしょうか。