顔のたるんは睡眠不足が原因?

太っている訳ではないのに、顔がたるんでいるという人は、睡眠不足が原因かもしれません。
睡眠と顔のたるみは、しっかりリンクしているのです。
睡眠時には、成長ホルモンが脳下垂体から分泌され、荒れた肌を修復してくれます。
睡眠が足りなければ当然、ホルモン分泌が不十分になり、肌のたるみが解消されないままになります。睡眠と顔のたるみは、切り離して考えることができないのです。
成長ホルモンは、入眠後しばらくしてから分泌が開始されます。
特に、22時から翌日の2時にかけて、ホルモン分泌がマックスになります。
このゴールデンタイムに、深く眠っている状態が理想的ですが、睡眠と顔のたるみのことを考えると、最低でも日付が変わる前には、床につくようにしたいものです。

睡眠中に皮膚は再生される

また、睡眠中は、血液循環や呼吸以外にエネルギーがほとんど使われなくなるので、肌の再生に回せる余裕ができます。
朝起きて鏡を見て、顔の状態が良ければ、睡眠と顔のたるみに、上手く折り合いがついていると判定できます。
そうはいっても、夜更かしが習慣になっている人もいれば、気がかりなことがあって、うまく眠れないという人もいるでしょう。
結果として、頬や目の下がたるんできたら、それは今の生活態度を改めるようにとの、体の内側から発せられたサインなのかもしれません。
決心をしたならば、夜更かしはしないようにし、ストレスは信頼のおける人やカウンセラーに相談したり、趣味などでうまく発散させることが、結果的に肌のたるみ改善につながります。
精神的な影響以外に、睡眠と顔のたるみの観点からも、夜中にダラダラとテレビ鑑賞やメールなど、最大級の肌へのNG習慣なのです。

たるみやシワを効果的にトリートメントするスキンケア

顔のたるみやしわ対策として「保湿」は欠かせないポイントですが、弱ってしまった肌表層の「バリア層のサポート」もあわせて行う必要があります。

「え、バリア層?」

最近、よく耳にするのではないでしょうか。実は、このバリア層の破壊もたるみやシワの原因になっているのです。

そこで
 たるみやシワを効果的にトリートメントする方法

関連ページ

しぐさ
日ごろのなにげないクセやしぐさが顔のたるみの原因になっていることがあります。
表情筋
顔のたるみの原因として表情筋の衰えがあります。