表情筋と顔のたるみの関係

ブルドッグのような、たるみ顔を改善させるに当たり、表情筋と顔のたるみの関係を押さえることが重要です。
世間では、老化現象の1つと認識されていますが、ライフスタイルの変化で、若い人でもたるみリスクが増大しているという現実もあります。
顔の表情筋は、脂肪をクッションとして肌の下についています。
その筋力が衰えてくると、皮膚や脂肪などが支えきれなくなり、肌がたるんでいくのです。
肌と筋肉は、密着しているので、表情筋と顔のたるみは、密接に関係しあっていると言えます。
表情筋と顔のたるみの関係を踏まえると、たるみの予防・改善には、表情筋を鍛えればよいことが分かります。ブログなどでは、各種のエクササイズやマッサージが提案されています。

エクササイズもやり方では逆効果?

手軽にできる点では、ペットボトルを使ったエクササイズがオススメです。
やり方は、500mlのペットボトルに、重しとしての水を少し入れ、置いた状態から、口だけで持ち上げるというものです。
くわえるとき、歯を使わないのがポイントで、持ち上げた状態を10秒キープ・下ろすの、3セットが1回分の運動量です。
水の量は、最初は少量から始め、慣れてきたら量を増やしていき、最終的に500mlフルで持ち上げるようになればプロ級です。
表情筋と顔のたるみということでは、筋肉を鍛えるのに効果的であり、フェイスラインをすっきりさせるのにも有益なエクササイズです。
ただ、こうしたエクササイズやマッサージで、たるみがひどくなったと訴えるケースは多々あります。
表情筋と顔のたるみに執着するあまり、やり過ぎることが原因のようですが、何にせよ、皮膚を無理に引っ張ろうとせず、表情筋を動かす方に主眼を置くのがキモです。

たるみやシワを効果的にトリートメントするスキンケア

顔のたるみやしわ対策として「保湿」は欠かせないポイントですが、弱ってしまった肌表層の「バリア層のサポート」もあわせて行う必要があります。

「え、バリア層?」

最近、よく耳にするのではないでしょうか。実は、このバリア層の破壊もたるみやシワの原因になっているのです。

そこで
 たるみやシワを効果的にトリートメントする方法

関連ページ

しぐさ
日ごろのなにげないクセやしぐさが顔のたるみの原因になっていることがあります。
睡眠
睡眠の質や時間が顔のたるみの原因になることがあります。